コラム

ノロウィルス家庭内での対処

ノロウィルスは毎年11~1月頃に流行する、主に人の手指や食品などを通して感染してしまう感染性胃腸炎の原因となるウィルスです。おう吐や下痢、腹痛などの症状を引き起こすこともあります。
そんなノロウイルスに学校で感染してきた子どもに対して、家庭でどう対処していくかが、とても大切です。家庭内の感染リスクを下げるのに最も必要なことは、やはり手洗いをきちんとすることです。
石けんを使って、指の間や手首なども流水でよく洗うことが大切です。ノロウイルスが流行しているときは、マスクの着用もおすすめです。
また、汚物や下痢などの処理の仕方、掃除の仕方を覚えておくことも重要です。
ノロウイルスはその粒子が小さく感染力は強いウイルスのため、例えば子どもが発症し、リビングでおう吐した場合は、一回でリビング中にウイルスは飛び散っていると考えるべきです。汚物をそこだけ布などで拭き取っただけではウイルスが至る所に残っています。必ず、ゴム製などの手袋をし、おう吐物が広がらないようにビニールなどで包み込み、その後布などでしっかり拭き取ることが重要です。
さらにトイレでも、感染が疑われる家族の下痢やおう吐を水洗で流す場合は、必ず蓋をして流すことが重要です。開けたままでは、水洗の水の粒に含まれたウイルスがトイレ中に飛び散ってしまう恐れがあるため注意が必要です。

0800-805-7610

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7610

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7610

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。