コラム

ノロウイルスにかかったときの注意点

主な症状として発熱、下痢、嘔吐が現れるというノロウイルス。感染してしまった場合、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。
ノロウイルスにかかった場合、発熱・下痢・嘔吐にくわえて腹痛が起こる人が多いといわれます。子供や高齢者など免疫力の比較的弱い人は、重症化する可能性もあり危険。少しでも疑わしい症状があれば、まず病院を受診しましょう。感染後の症状はウイルスを体外に出すために起きているものなので、市販薬を使って下痢や嘔吐を止めようとするのは避けたほうがよいでしょう。
下痢や嘔吐が続くと、水分が体外に排出されるうえ、多くの水分を一度に飲むことも難しくなり、脱水症状が起こりやすくなります。こういった場合、体への吸収が早い経口補水液を飲むのが望ましいとされます。症状が軽度で食事が取れる場合は、決して無理をせず、胃腸に負担をかけにくいお粥などから食べるようにするとよいといわれています。
もし嘔吐などでウイルスが拡散するおそれがある場合は、すぐに消毒処理をしましょう。多くの人が集まる場所や、食品を扱うような場所では、徹底した殺菌処理が必要とされる場合があるため、プロの業者に任せるのが安心でしょう。

0800-805-7610

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7610

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7610

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。