コラム

食中毒と胃腸炎

ノロウイルスによる食中毒と胃腸炎は、症状こそ同じではありますが、実は明確な定義が存在します。一番大きな違いは感染経路です。ノロウイルスに汚染された食べ物を摂取する感染経路は「食中毒」、それ以外の感染経路が「胃腸炎」となります。ノロウイルスは、その名の通りウイルスですので、細菌性食中毒よりも多くの感染経路があります。飛沫感染の場合、空気を介して感染することになるので、身に覚えがなくても気が付かない内にノロウイルスに侵されていることもあります。今まで食中毒といえばサルモネラ菌など特定の細菌が原因であることが多くありましたが、近年では、O-157やノロウイルスによる食中毒の発生が多くなっています。そして、これらは非常に感染力が強く、爆発的な勢いで患者が増えていきます。食中毒でありながら感染症に近く、感染症に関する新法にも記載があり、簡単にまとめると「感染症でも症状によっては食中毒として扱う」ということになります。ノロウイルスは、マスクなどを利用し感染源に近づかないように心がけていれば、あまり心配することはありません。しかし、ご家庭や勤務先で感染者がいる場合、しっかりと対策をとらなければ簡単に感染してしまうでしょう。ノロウイルスには、アルコールでの消毒があまり有効ではありません。ノロウイルスの消毒に困ったときは、早めの段階で業者に相談することをおすすめします。

0800-805-7610

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7610

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7610

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。